子宮頸がんとは

 

子宮頸がん情報サイト→「allwomen.jp」

子宮頸がん(しきゅうけいがん)予防ワクチンは、発がん性HPVの中でも特に子宮頸がんの原因として最も多く報告されているHPV 16型とHPV 18型の感染を防ぐワクチンで、海外ではすでに100カ国以上で使用されています。日本では2009年10月に承認され、2009年12月22日より一般の医療機関で接種することができるようになりました。

感染を防ぐために3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。唯一予防接種にて予防できるがんです。

しかし、このワクチンは、すでに今感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。

接種方法

10歳以上の女性で3回接種です。
1回目接種後、2回目は1回目の2ヶ月後、3回目は1回目の6ヶ月後におこないます。自費扱いとなりますので、1回15,000円となります。ただし助成対象者は無料で接種できます。

※接種券をお持ちになり、直接ご来院ください。予約は不要です。ただし午前診療であれば予約は可能です。電話にてお問い合わせ下さい。

  • 初診の方の事前受付
  • 自費診療一覧
  • 副院長ブログ
  • 株式会社カラダノートより提供されている血圧管理アプリです。日々の血圧をスマートフォンに手軽に記録でき、血圧管理にとても便利なアプリです。
    ダウンロードは以下から↓